玄米で豊富な栄養素を取り入れる|バランスよく補う事が出来る

食事

栄養価バツグンのお米

玄米は、白米に精米する前段階のお米です。残されている米ぬか部分にビタミンやミネラルなどの栄養分が豊富に含まれていることから、健康食品として人気が高まっています。玄米に対応した炊飯器など調理器具の進歩も人気を後押ししています。

詳しく見る

食事

多くの種類の中から選べる

玄米は、ビタミンやミネラル・食物繊維など人間が健康に過ごすために必要な栄養素のほとんどを含んでいる完全栄養食です。玄米は通販サイトで購入することもできます。通販サイトには多くの種類の玄米があり、自分の好みの種類を選択することができます。また、自宅に配送してくれる点も通販サイトの利点です。

詳しく見る

お米

若々しさを維持できる食材

白米と比較すると、驚くほど多くの栄養素を含んでいるのが玄米です。美容と健康に大きな効果を発揮し、若々しい日々に導いてくれます。ダイエットにも効果があるため、生活習慣病の予防にも効果的です。炊き方を工夫することで、白米と同じように美味しくいただけます。

詳しく見る

箸

胚芽と表皮が栄養の源

白米は美しく美味しいお米ではありますが、栄養が取り除かれています。それに対し、胚芽や表皮が付いたままの玄米は、豊富な栄養素が含まれています。無農薬・無化学肥料で栽培された玄米を選ぶことで、安心して栄養素を摂ることができます。

詳しく見る

お米

素晴らしく豊富な栄養価

ビタミンB1を始めとする豊富なビタミン、白米と比べて何倍もの量が含まれている鉄やマグネシウムなどのミネラル類、便秘にも効く大量の食物繊維。玄米はほかの健康食品やダイエット商品に、まったく引けを取らないほど素晴らしいものだったのです。

詳しく見る

健康管理に取り入れよう

お米

含まれる成分

日本人の主食であるお米は、精米して真っ白になった白米を食べるのが一般的ですが、お米には精米して落としてしまう表皮の部分に多くの栄養があります。そのため白米ではなく玄米として食べる方が、食事から沢山の栄養を取る事が出来ます。お米の表皮を含めた玄米には、腸の働きを助ける食物繊維が豊富に含まれています。さらにビタミンB群やビタミンEが特に豊富であり、これらは精米してしまった白米には含まれません。さらに日本人に不足しがちで必要量の摂取が難しいといわれる、亜鉛や鉄、カルシウムやマグネシウムも多く含まれています。とくにカルシウムの体内への吸収には、同量のマグネシウムが必要になるため、両方を摂取できるのはうれしいですね。その他にも玄米には多くのビタミン類やミネラル類が含まれており、それぞれの栄養素をバランスよく補う事が出来ます。そのため単体で摂取するよりも、それぞれの成分の相乗効果が期待できます。健康効果の期待できる玄米ですが、固くておいしくないと感じる人が多いようです。いくら健康のためとはいってもおいしくないものを食べ、食事の楽しみを減らしてしまっては本末転倒です。玄米が苦手と感じる人は、5分づきや7分づきのものを取り入れると食べやすくなります。そのほか3分づきなどありますが、数字が小さいほど玄米に近く、数字が大きいほど白米に近くなります。どれも玄米よりは栄養価は下がりますが、白米より多くの栄養素を含みます。