玄米で豊富な栄養素を取り入れる|バランスよく補う事が出来る

栄養価バツグンのお米

食事

家庭でも調理しやすくなる

玄米といえばお茶や和菓子の原料としておなじみですが、最近では健康食品としても注目が集まっています。玄米とは簡単に言えば白米になる手前のお米のことで、脱穀されたイネからもみ殻を取った状態のものをいいます。ここからさらに米ぬかを取り除くと白米になります。玄米が人気を集めているのは、この米ぬかの部分に豊富な栄養が含まれていることが知られるようになってきたからです。非常に多種多様な成分を含有しているため、「スーパーフード」の1つとして評価されることもあるほどです。玄米に含まれる栄養成分のうち、代表的なものはビタミン類です。特にビタミンB群が豊富で、糖質からエネルギーを生み出すのに重要な働きをするビタミンB1は白米に比べると平均して約5倍、皮膚や粘膜の炎症を防ぐのに役立つナイアシンは約6倍、核酸の合成に関わり、特に妊婦の積極的な摂取が推奨されている葉酸は約2倍の含有量を誇ります。また、ミネラル類も白米に比べると非常に豊富です。鉄分やカルシウムは約2倍、リンやマグネシウムは3〜4倍も多くなっています。さらに、食物繊維もたっぷり摂れます。これほど栄養価の高い玄米でありながら、最近までそれほど普及が進んでいなかったのは、白米に比べると調理に時間がかかるという課題があったためでした。しかし最近では玄米でもふっくらと炊くことのできる炊飯器が開発されたり、圧力鍋でおいしく炊き上げるレシピが公表されたりしているので、家庭でも手軽に利用できるようになってきています。